結婚指輪はいる?いらない? | はじめての手作り指輪 in大阪

HOME » はじめての手作り指輪 » 結婚指輪はいる?いらない?

結婚指輪はいる?いらない?

結婚指輪どうする?

結婚指輪に憧れがあれば、結婚は用意する方向で特に迷うことはありませんよね。
しかし特に憧れなどなく、アクセサリーを日常的に付ける習慣がない方など、あまり結婚指輪に魅力を感じない方もおられるでしょう。
この指輪はいるのか、いらないのか、迷いますよね。

結婚する以上は指輪は絶対に用意すべきかというと、これは特に決まりはないのです。
夫婦二人ともが特にいらないと思うなら、用意しなくても問題はありません。
実際に結婚している夫婦は指輪をどうしているのかというと、どちらかといえば用意している夫婦が多いです。
実際にはつけていなくても、結婚指輪自体は持っているというケースもあるのです。

どちらかといえば少数派となりますが、結婚指輪を用意しないという夫婦もいます。
別に指輪がなくても婚姻届けを出せば結婚はできますから、夫婦双方が指輪はいらないと思えば用意しなくても特に問題はないのです。
結局は夫婦が必要と思うかどうかですから、いると思えば用意し、いらないと思えば用意しないという対応でOKです。

結婚指輪の意味って何?

特に結婚指輪に憧れがない方など、この指輪にどんな意味があるのか気になりますよね。
一つには夫婦の愛の証や記念品といった意味合いがあります。
結婚は一生に何度もあるとは限らない大きな出来事ですから、特別な記念品を用意するのもおすすめです。

結婚指輪は毎日身につけられるその記念品となるのです。
もう一つの意味として、周囲に既婚者だと自然に伝えられます。
独身だと思われて告白されることもなくなりますから、既婚者にとってはありがたいアクセサリーとなるでしょう。

おすすめの結婚指輪

結婚指輪には元からあまり興味がなく、いらないとも思う方にもおすすめとなるのは、ストレートの特にクセのないデザインの指輪で、素材はチタンなど軽くて丈夫なものにするといいです。
つけていても目立ちませんし、素材が軽くて丈夫なら日常の動作に制限を受けることも減ります。
あまり指輪に興味のない方向けのデザインや素材などもありますから、いらないと思っても興味や必要性を少しでも感じたら用意してみるのもおすすめです。